「おしゃべり瞑想会」説明

コロナ禍のこんな不安な時代だからこそ・・・
自分の内側をみつめ私たちが本当は一つであることを
思い出すことは何よりも大切にしたい!
そんな思いからこの瞑想会を企画しました

瞑想を通じて心の平穏を取り戻したい!
聴く&話すことを通じて心のデトックスをしたい!
悟りに興味のある!
そんなあなたのご参加をお待ちしております

具体的な内容

☆当日の事前説明のお時間を減らし、瞑想会の内容をより充実したものにするために、
以下のご案内をご参加前にお読み頂き、ご理解した上で入室して下さるようお願い申し上げます。
ご参加者の皆様により有意義なお時間を過ごしていただくために、
是非ご協力の程よろしくお願いいたします。

現在モニター様として無料でご参加いただけます

 

 

▼当日はZOOMでの実施です。仮名・顔出しNGでのご参加もOKです。
ZOOMのURLはお申込み後にこちらから送らせていただきます。

▼話す瞑想について

・瞑想を通して実現したいこと、現在の心境などテーマは自由です。
・話したい人だけが話します
参加者全員が話さなければいけないということではありません。
発言を強制されることはありませんので、聴くだけでのご参加もOKです。
・話した人の内容を批判するのはNGです。 
グループ瞑想会は自己の内面に気付く瞑想の場であり、
討論やディスカッションの場ではありませんのでご理解下さい。
・邪念を手放して話しましょう
 「人から褒められたい」「人に嫌われたくない」「馬鹿だと思われたくない」
「感心されたい」等々の思いを手放して話します。
・ふだんの自分の役割を手放して話しましょう
親、子供、家族としての立場、組織人・職業人としての立場に縛られずに話してみてください。


▼聴く瞑想について

・日常の自分の役割を下ろして聴きましょう
・親として、子供として、家族として相手の話を聞かなければならない。
・組織人として部下(上司)の話を聞かなければならない。
・相談役として相手の問題を解決してあげなければいけない。
・そういった重荷を手放して聴いてみてください。
・相手の話を解決すべき問題として聴かないようにしましょう 
話の内容ではなく、今ここにいる目の前の相手の存在全体を受け取るイメージで聴いてみて下さい。
・心にわき起こる考え、思いを手放して聴きましょう
 異論・反論・同情・無関心などを手放して聴いてみましょう。

 

・話した人に対する助言、アドバイスは禁止です
・グループ瞑想会での内容はすべて秘密厳守です。

☆話はオチが無くても、まとまって無くても、グダグダでも、誰かの心に響かなくても大丈夫です!
聞き手は相手と私というラベルを貼らずに、エネルギー的に相手とつながり一体感を感じながら
聴くことが出来れば、あなたの存在自体が相手にとって大きな癒やしになります。

静寂の中、相手と自分の境界が溶け、グループ全体に一体感が出るようなユニティ意識の場が作れたら最高です。皆様とお会いできるのをとても楽しみにしています!

当日はリラックスしておいで下さいませ。

☆途中でトイレ休憩や水分補給で席を外したりするのも自由です。