No.3ベトナム占い体験記 叱られたい系の占い師好きにおすすめ(なのか?汗)】

 

前回の占い(サイゴンの母編、全2回)で、ちょっと味をしめた私は、懲りずに再び新たな占いスポットへと足を運ぶことに。前回の温厚な(ユルすぎる)雰囲気との極端なギャップにおののきつつも、またメルマガのネタができてしまったと、内心ほくそ笑むのであった・・。

【叱られたい系の占い師好きにおすすめ(なのか?汗)】
案内係の迎えの男性に連れられて向かったのは、ホーチミン市の空港があるタンビン区。
階下がフォー屋で、エレベーターで3階へ上がり、占いの館へ。
部屋に入るやいなや、占い師の女性に大声でどやされた。びっくりして、通訳さんに目をやると、彼女も占い師に圧倒された様子。
なんでもお祈りしてから敷居を跨げ、ということらしい。そんなに青筋立てんでも・・・(ブツブツ)。8畳くらいの部屋には、祭壇のような場所が2か所。線香2本に火をつけて3回お辞儀し、参拝せよとのことらしい。怖いので、言われた通りにする。一段落し、改めて正対した占い師は、40代前半(推定)。美人なんだけど、なんというか、顔が怖い。で、とにかく声がでかい。何につけても命令口調が威圧感プンプン。
ともあれ、占いが確かならと自分に言い聞かせ、いざ、占いに突入。
前回もそうだったが、細かい情報は聞かれない。今回も年齢だけ。質問すら聞かないどころか、占い師が逐一「訳せ!」と通訳さんをどやすので気が気でない。前回の、ざっくり通訳よりもマシなのか・・・?
占いに道具は使わず、言われるがままに出した手にボールペンで線をどんどん書き込まれる。手が疲れたなと、引っ込めようとすると怒鳴られる(ひえー)。前回と同様、引越しの相談については「いま住んでいる場所が悪い。引っ越したら運気が上がる。」とのこと。結論は案外早く出たなヨシヨシ、と安心していたら矢継ぎ早に言葉が飛んできた。「あなたの年齢から見ると、今年と来年は悪いわね。何をやっても実りがない。2年前からすべてうまくいってないでしょ(断定)。 結婚すればいいの。運気上がるわよ。そうね、自分よりもっと金持ちでステータスも高い男性が合うわ。」

【男に始まり男に終わる、男は悪魔!?】
じゃ、紹介してくれよと心の中で毒づいたところで占い師。「うまくいかないのは、男の悪魔が付いているせいね。(何かにとりつかれている気はこれっぽっちもないけど)」
聞けば、2年間ずっとその男の悪魔が私の人生を邪魔していて、そのせいで誰も好きになれないんだと(確かに最近、恋に落ちることはまったくない。それより仕事をどうにかしたいw)。悪魔を祓わないかぎり、仕事も恋愛も何もかもうまくいかないそうだ。ちなみにこの悪魔祓いの料金、日本円にすると8万円(無理!)!! 悪魔がついてるなんてあり得ない。私は勘が鋭い方なんだが、金額を聞いて余計に確信してしまった。
うう、金の匂いがプンプン・・・私の疑念を感じとったのか占い師いわく「人によって悪魔祓いの料金は違うから、最高30万円くらいになることもあるの。だから決して高いと思わないで(微妙..)それに悪魔祓いは3分足らずで終わるし、すべてが順調にまわりだすの(怪しい)」 そこからはもう、男の悪魔一点張り。とにかく悪魔祓い、をゴリ押しする占い師に、不覚にも2%ぐらい心を動かされた。占い師いわく「私はね、ベトナムの有名占い師12人のうちのひとり。田舎に寺も持っているの。すごく当たるのよ(自分で言うか!?)」 さらに興味を引くためなのか、占い師、「運命を変えるには体を変えること。人によって部位は違うんだけど、あなたの場合は”豊胸”ね。(自慢じゃないが、私は胸のサイズには満足している)」・・もうええわ。
占いが終わるころには、手は彼女が書いた意味不明ないたずら書き?にあふれ、アザのように紫に変色していた・・・。後から考えれば考えるほど、ある意味「人に恐怖を与える悪徳商売」に思えてきた。この占い師から感じるのは霊感ではなく、とてつもなく「圧」が上回っていた。確かに彼女には”見える”力が、少しはあるのかもしれない。しかしそれをよろしくない方に使っているのではないかな。もう来ることはないだろうなぁ。自分への勉強代と思いながら多めの心づけを渡して、その場を辞したのだった。


No.2 【ベトナム占い体験記 後編 当たるも八卦、当たらぬも八卦】

  • 配信日: 2020-08-13 16:20:38
ひょんなことから占い師”サイゴンの母”(個人的に命名)の元へ行くことになった前編。ブッダの子どもだ、と預言?を渡された私。引越しのタイミングを聞きたかっただけなのに。。

母のペースとパワーに押されがち

気軽にご相談、のつもりが、思いがけずスケールのデカい見立てをされてしまった(前編『サイゴンの母が降臨』を参照)。そもそも、サイゴンの母は何者なのか。同行した通訳に尋ねてもらった。

・息子と二人暮らし
・占いは勉強したことはないが、この道40年
・亡くなった祖父母が自分の中に入り、いろんなことが「みえる」ようになる
・トランプを主に使うけど、手相も見るよ
・口コミで相談者が訪れるようになった

とにかく、神秘的な感じは一切せず(すみません)、むしろゆるい。冷蔵庫から水を取ってきて自由に飲んでね、と勧めてくれたり、携帯に電話がかかってきては話し込んでたり。挙げ句の果てには、付き添いで来てくれた通訳とその友達の手相を見始める始末。サービス精神旺盛といえば、そうとも思えるかな。お話好きみたいで、通訳が話し終わらないうちにカードを広げて、その間も口は休まる間もない。よく聞いてると話の割合が、サイゴンの母8:通訳2。通訳さん、大事なことちゃんと訳してくれてる?それとも、母の無駄話が多いかのどちらか・・・・。
押されっぱなしで、なかなか話が核心へと向かわないまま時が過ぎて行く。意識が一瞬遠のきそうになった。

やっと、話は核心をつくも・・?

遠のく意識の中で、母は次々と(聞いてないのに)占いの結果を私にぶちまけてくれる。私の性格について、今の仕事状況がどんな様子か。そしてお金のことe.t.c…. その中でも一番多く語ってくれるのが恋人のこと(もう一度言う。聞いていないのに。コイバナ好きなのか?)。
母によれば、私は結婚したほうが良いそうで、そのほうが運気が上がるのだとか(マジか)。
そこまで持ち上げるくせして、”あ、でもブッダの子どもだから、結婚も難しいんだろうねえ(しみじみ)・・”と、奈落の底へ突き落とされる。
母よ、お願いだから私の質問に答えてくれ・・・。
話も中盤、母の相談ルーティンが一段落したのか、一番聞きたかったメインの質問をやっと聞けるタイミングが到来!
「年内に引っ越しをすべきかどうか」→カードによる占いの答えは「イエス」。仕事を成功させるためには、引っ越しはしたほうが良いそう◎(背中を押された感じ)
これを聞ければ御の字だ。が、母はまだ話し足りない様子で、どうにかこちらから切り上げる感じで約1時間の相談タイムだった。
お代は決まってないとのことで、心づけを渡すことに。ベトナムの占いでは、料金も様々だそうで、設定がない場所も多い。設定がなければ心づけを渡すのが、一般的らしい。
相談内容の全般を振り返って、的中率を数字で表すのは難しいなと言うのが本音。
ともあれ、自分の良いと思うこと、信じたいと思うことを受け取って、生活のヒントにするのが良いと思える貴重な体験だった。

No.1 【ベトナム占い体験記 前編 『サイゴンの母!?が降臨』 】

  • 配信日: 2020-08-11 18:51:06
世の東西を問わず、占いは多種多様。ここベトナムも例外ではありません。
ベトナム暮らしも長くなり、まあいろいろと思い悩むこと無きにしもあらず。
「タロット占い師あるある」で、自分のことは主観的になりすぎて占えない。
ということで行ってきました『占いの館』。
一体どんな未来が見えたのか・・、2回に分けてお届けします。
まずは前編。禁断の扉が開く・・・。

占い大好きベトナム人

周囲のベトナム女子たちに聞くと、暮らしやビジネスの様々な場面で占いを心のよすがにする人はかなり多いらしい。開店日などを暦で占うのは一般的だし、年配の人だと、子どもの結婚相手の生年月日で相性をコッソリ見たり。でも、国としては”国民を扇動する”として表向きは占いを禁止してるそうだ。だから自宅で口コミで細々とやってるというのが通例。が、facebookには個人占いの広告がじゃんじゃん出てたりして、こういうユルさがベトナムの面白いところ。
占いの種類としては、手相・(トランプ)カードが主流らしく、最近だとタロットカードも若い女子たちの間で人気で、ベトナム語の解説本なんかも出てるとか。
未婚女性の相談内容でダントツなのはやはり「恋愛関係」。既婚女性だと、「お金」が上回るというのがなんだか現実的だけど、たくましい。
さて、今回私が相談したいことはとっても事務的なことなのだけど、いま住んでいる家を引っ越すかどうか。転居に踏み切る理由はいろいろあれど、タイミングやら方角とか(背中を押してもらえるのかとか)一助になればいいなと、ローカルの友人に案内してもらい、オススメの『占いの館』へとドキドキ初潜入を試みた。


驚きの告白!? 「あなたはブッダの子どもだ」

ホーチミン市の中心部から車で20分ほど、2区の住宅地にその占い師は住んでいるという。
通訳をしてくれるローカルの知人とその友達と、占い師の家に向かう。閑静な路地裏(ヘム)の中の、なんの変哲もない一軒家。一般的なベトナム人のお宅という感じ。予約の時間通りに到着すると、サイゴンの母が降臨。がっちりした体型、ふくよかなお顔に、ショートヘアが健康的な感じ。ベトナム女性がよく着てる柄物上下の部屋着が、思い切りリラックスモード。こちらの緊張が一気に解ける感じ。これも演出だとしたら、おそろしい。
リビングに通され、「楽にして座ってね」と促され、ひんやりするタイルに直に座ってその時を待つ。
「母」は、トランプとそれを置く占い台を広げて、お祈りらしき言葉をむにゃむにゃ発し、どうやら占いがスタートした模様。依頼者である私の質問内容は一切聞かぬまま(というか、聞くタイミングを与えないド迫力)、カードをきりはじめる(ただし、年齢だけは初めに聞かれた)。その後、言われるがままにカードから枚数を引いていくと、母は慣れた手つきでカードを広げていった。
まず、はじめに言われたのが「今は恋人いないね(私の心の声:ビンゴ!)」。カードを操りながら立て続けに「あー、あなた2年後に2歳年下の人と結婚するわよ(ま、まじか?)」。なんだ、しょっぱなから香ばしい展開じゃないか。母は、さらにこう続ける。「あなたを好きな男性が二人いるわよ」と、その男性たちの風貌や性格の説明が細やかに展開される。が、確認のしようがないし思い当たる節もなく(泣)。
ここまで怒涛のごとく進み、やっとこさ基本情報?へとシフトダウンした母。「親のこと、兄弟のこと聞きたい?」と、これまた有無を言わさずカードを次々に展開していく。
兄弟の数(当たってない・・・)→姉の子供の数(ビンゴ!)、姉は金持ちだが親の面倒はみない、とか。妹である私は貧乏だが親の面倒を見ていくそうだ(微妙、、これは否めない)。
めくるめく身上調査?で私の情報がつまびらかにされるなか、母が放った衝撃の一言。
「あなたはブッダの子どもだよ」(絶句)。え、唐突じゃないか?なんで?というか、それが私の未来にどう影響するわけ? 情報が多すぎて、ついていけないんですけど。
そもそも、スケールがデカすぎる。一番聞きたい引越しの話まで、果たして行き着けるのだろうか。
                                【後半に続く】